人と地球の未来のために株式会社多摩川ホールディングス

人と地球の未来のために
株式会社多摩川ホールディングス


ニュースリリースenglish

menu

主な再生可能エネルギー

日本国内でメジャーな再生可能エネルギーの「種類」 と 「特徴」

再生可能エネルギー

日本国内の主な再生可能エネルギー
太陽光
太陽光を利用する発電形態。
屋根や空き地など、設置に場所を問わない場合が多く、家庭用と商業用の双方に需要がある。
発電量は天候に大きく左右され、昼間のみの発電となる。
風力
風を利用してタービンを回す発電形態。
日本国内では小型風力発電の導入が加速しており、注目を浴びている再エネ発電。
発電量は天候に大きく左右されるが、昼夜を問わない。
水力
水の落差を利用してタービンを回す発電形態。
技術が確立しているため、今後は中小規模の河川や農業用水路などを小水力発電として利用できる。
天候の影響は小さいが、水生生物への影響や水利権などの課題がある。
地熱
温泉由来の高温の蒸気を利用してタービンを回す発電形態。
日本は火山帯に位置し、世界第3位の「地熱資源国」である。
昼夜を問わず発電可能だが、地熱に適した土地は国立公園や温泉地と重なることが
多いため掘削が不可能な場合がある。
バイオマス
有機廃棄物由来の燃料を利用してタービンを回す発電形態。
家畜排泄物などの廃棄物を資源として活用することで、地域環境の改善に繋がる。
資源が広い地域に分散しているため、収集・運搬・管理にコストがかかる小規模分散型の設備になりがちである。

再生可能エネルギーの買取制度

再生可能エネルギー発電の買い取り制度の概要と買取価格の推移

再生可能エネルギーの買取制度

電力会社は各地にある再生可能エネルギー発電所で発電された電気を買い取り、各公共施設や住宅などへ送電・販売しています。
各供給地点にて使用した電気料金を支払う際、電気料金のほかに再エネ発電賦課金を支払い、この賦課金によって再エネ発電は賄われているのです。
再生可能エネルギー発電所によって発電された1kwあたりの買い取り金額をFIT価格といい、認定された年などによって価格が異なります。当社では、下記図のように買取価格が40円~32円(税抜)の案件に絞り運営を行っています。
現在、太陽光発電だけでなく風力発電、地熱発電など、他の再生可能エネルギーへの注目が高まっており、今後の発電事業への多彩化が期待出来ます。

再エネ発電の買取価格

企業の役割

グループ市場のシナジーで「先進的な開発」と「安定的な売電」を実現

グループ市場のシナジー

長期的なプロジェクトとなるエネルギービジネスには、大きく分けて「開発」と「運用」の2つの業務があります。
その「開発」を担う企業が、導入からサポートまでをトータルに行う「多摩川エナジー」、そこで生まれる電力を安全かつ安定的な「運営」を行う企業が「GPエナジー」となります。

これら2つの企業が業務分担をすることで、複雑化する業務の中での経験から専門性を深めることができ、効率的な「再生可能エネルギー」の循環を実現しております。

枯渇することのない自然エネルギーの永続的な循環を目指して

将来的なエネルギー不足に対応するため、世界各国では太陽光発電をはじめ、地熱発電、バイオマス発電、水力発電、風力発電など、さまざまな再生可能エネルギーの開発が行われています。

「再生可能エネルギー事業」においては、それらの最先端の発電技術と多摩川ホールディングスが持つ金融ストラテジーを掛け合わすことで、「永続的に循環するエコシステムの実現」と「長期的な利潤の最大化」を目指しております。

世界中の企業や政府が予算を立てることで日進月歩の勢いでテクノロジーの進化が起きるエネルギー業界では、日々、作業工程の複雑化が進んでいるのが実情です。

そのような状況下で私たち多摩川ホールディングスグループでは、2つのグループ企業の連携により「再生可能エネルギービジネス」に取り組み、それぞれの専門性を活かすことでスピーディかつ効率的な発電所の開発・運営を実現いたします。

全国発電所一覧 リアルタイム株価 個人投資家の皆様へ 再生可能エネルギーについて CSR活動 シェアードリサーチ

グループ企業のご紹介

業界トップクラスの高周波技術のエキスパート企業 多摩川電子 資源の有効活用を図る再生可能なエネルギービジネス全般の最良のパートナー 多摩川エナジー 再生可能エネルギーを安全かつ安定的に運営管理する発電所事業 GPエナジー